コロナが落ち着いたのでこのタイミングを逃す手はないと大分県由布市の「朝霧の見える宿 ゆふいん花由」に泊まってきました。みなさんこのタイミングを狙っているようで、どこか泊まれるところはないかと探していたところ偶然目に止まりました。しかも九州人限定で20%引きというお得なプランがあったので即決。予報は雨でしたが当日は晴れ。気持ちよく久しぶりに県外へ出ました。

フロントのあるスペースでは由布岳が一望できます。チェックインの前にウェルカムドリンクが出てきたのは好印象。チェックイン自体も席まで来てくれてタブレットで完了です。

お部屋は離れ。古い客室をリフォームした感じのお部屋です。半露天風呂が付いておりいつでも好きな時にお風呂に入れます。お庭があり、そこからの眺めも素晴らしくよかったです。

そして今回の宿泊で何よりも感動したのが食事です。ここまで素晴らしかった食事は初めてじゃないだろうかと思うほど大満足でした。

これでもかと出てくる料理、そのひとつひとつが手がかかっていて、そしてもちろん美味しい!!今回は両親を連れて行ったのですが、旅先での食事を気に入ったことのない父が「ここのは美味い!また来たい!」と絶賛するほどでした。

お刺身も自分で焼くお肉も美味しいし、びっくりするほど肉厚の椎茸にも感動。松茸ご飯もおかわりもできて文句のつけようがありませんでした。

そして追い打ちをかけるのがこのデザート。「なんだこの球体?」と思っていると、上からソースをかけてくれます。ソースの熱で殻が割れ花のように開くというまず「旅館でここまでやるか?」っていう感動もののギミックが用意されていました。残念ながら私のは理想的な開き方をしなかったようですが(笑)家族のはきれいに開いてましたよ。

接客をしてくれた従業員さんも明るく丁寧な方ばかりで同郷だったため話もはずみ、とてもいい時間を過ごせました。外国人の従業員さんもきちんと日本語を理解してお話してくれて感心するばかりでした。すごいな、花由。

そして朝もまた素晴らしかった。柚子胡椒と味噌で作られたイカの塩辛はとても上品でお酒のつまみにしたいと思いましたし、朝から伊勢海老の味噌汁や目の前で蒸す茶碗蒸し、そしてなんとボルシチですよボルシチ!このド和風の中にロシアンぶち込んでくるんです。しかも美味い!(笑)炊きたてのご飯も美味しくて3杯もおかわりする始末・・・。

いやあ、何もかにもが美味しかった。幸せな一泊二日を過ごさせてしまいました。間違いなく今年一番の感動。胸を張っておすすめできます、ゆふいん花由。また行きたいですね、ご飯食べに!